引越しの際に忘れてはいけない住所変更

引越しをしたら、必ずしなくてはならないのが住所変更です。早めにすませておいた方がいいのは、免許証の住所変更です。免許証は身分証として使う機会が多いですから、真っ先に手続きをすませましょう。新住所を管轄する警察署や運転免許センターで手続きできます。住民票が必ず必要ですが、都道府県によっては顔写真が必要になることもあります。二度手間にならないよう、確認してから出向きましょう。銀行、郵便貯金、生命保険会社、クレジットカードの手続きも必要です。こちらは各機関、会社によって手続き方法が違うので、事前に確認をしましょう。インターネット上で簡単に手続きができることもあれば、電話して書類を取り寄せなければいけないところもあります。NHK、CS放送局も手続きが必要です。自動車、バイクの登録変更も必要です。警察署で車庫証明を取得し、陸運局で行います。軽自動車やバイクでは手続きが異なりますので、調べておきましょう。車関連ではJAFや自動車保険の手続きも忘れずに。携帯電話は、各携帯電話会社の携帯公式サイトで手続きができるので簡単です。意外と忘れがちなのが、インターネットでショッピングをする際の会員登録です。旧住所のままショッピングをしてしまうと、旧住所へ商品が届いてしまいます。いつも通りだと思って買い物をせず、必ず住所変更が済んでいるかどうか確認をしてから決済しましょう。しなくてはならない手続きが多くて混乱してしまいますが、チェックリストなどを作ってひとつひとつやっていきましょう。

ニキビ 石鹸

カラコン

名古屋 整体

相続税

パーティードレス